バレエを楽しむ バレエとつながる

  • 知る

【バレエ占い】1周年スペシャル ☆ あなたの「裏キャラクター」教えます!

Keke.Land

こんにちは!
〈バレエ占い〉のKeke.Landです。

バレエチャンネルが最初の記事を公開したのが2019年5月10日。
それと同時にこの〈バレエ占い〉もスタートしました。
ですから、〈バレエ占い〉も1周年!
みなさん、いつも占いを楽しんでくださってありがとうございます。

今日は1周年記念!「バレエ占い・特別編」をお届けします。

◎〈バレエ占い〉とは……
*お誕生日に合わせて12のタイプを診断し、
*それぞれのキャラクターに似た
バレエ作品のヒロインの名前をつけています。
(【○○タイプ】と呼んでいます)

そして1週間の運勢をタイプ別にカードで占い、
順位をつけて毎週月曜日に更新しています。
(ちなみに5月10日生まれのバレエチャンネルは「クララタイプ」です!)

☆自分のキャラクタータイプを知りたい方はこちらから!

☆今週のバレエ占いはこちらから!

今回は、12人のキャラクターそれぞれに隠された「裏の顔」を読み解き、そこに、ぴったりの「裏バレエキャラクター」を選んでみました。

みなさん、まずは上記のリンクからご自身のキャラクタータイプをチェックして、ぜひ下記の“裏キャラクター”も併せて楽しんでみてくださいね!
(ちょっと辛口な診断でごめんなさい!)

監修/Keke.Land
イラスト/武蔵野ルネ

◆ ◇ ◆

発表!あなたの“裏”キャラクター

スワニルダタイプのあなたは……

『コッペリア』のヒロイン、スワニルダは、元気いっぱいで気が強くて、好奇心のかたまり。

そんなあなたの裏キャラは、
『くるみ割り人形』のねずみの王様 です。

ねずみの王様は、
くるみ割り人形と戦うねずみのリーダー。
子分をたくさん従えて、悪役なのになぜか憎めない。

ねずみの王様さんは、ボーイッシュな親分タイプ。

上下関係も初対面も気にしない。誰にでも同じ接し方をするので、ちょっと偉そうに見えがちです。
野望のかたまりで、いつかは世界征服を、と(本気で)たくらんでいたりします。

なんといっても「王様」なので、一緒にいるのは仲間というよりも子分。
「さあ!みんな私につづいて!」と後輩を集め、ぞろぞろつれて歩く感じです。

子分思いの優しい兄貴で、ご飯をおごったり、人生の先輩として、自分の知識も隠さず教えます。
でも思いつきで動くタイプなので、子分たちからしたら突如として前言撤回されたり、夜中に呼び出されたり、俺様の話が延々続いたり、知らない間に誰かと対決する羽目になっていたりと結構めちゃくちゃ。
もう兄貴にはついていけないっす……と逃げ出されることもあります。

 

クララタイプのあなたは……

『くるみ割り人形』のヒロイン、クララは、勇気を持ち合わせた、夢みる心優しい女の子。

そんなあなたの裏キャラは、
『くるみ割り人形』のフリッツ です。

やんちゃで自由な少年フリッツは、クララのお兄さん
クララからくるみ割り人形を奪い取って壊してしまったり、
木馬で軍隊の真似をして突っ込んでいったりします。

フリッツさんは誰とも違う「自分時間」で過ごしています。

しかも1日は24時間じゃなくて、72時間くらいある感覚。

だからとにかくマイペース。
みんながボール遊びをしている隣で、ひとり大声で唄っていたりします。
仲間に入れないのかな?と、うっかり声をかければ「邪魔しないで!」と、怒られるので要注意。
まわりが楽しそうな様子を感じ取ると、やる気をそがれるアマノジャクなところも。

それから、行動的でテキパキと指示する人が大の苦手です。
「宿題やりなさい」なんて言われたら最後
「今やろうと思ってたのに……もういいよ!プンッ!」
と、一気に不機嫌モードに突入。

なかなかの変わり者なのに、自分ではそう思っていません。
整理整頓や、家事や仕事を計画どおり進めるのが苦手な人が多いです。

 

キトリタイプのあなたは……

『ドン・キホーテ』のヒロイン、キトリは、快活で頭の回転が速い、みんなの人気者。

そんなあなたの裏キャラは、
『海賊』のビルバンド です。

海賊のリーダー・コンラッドの友人でありながら、
彼がメドーラたちを解放したことで急に反旗を翻し、
敵側につくビルバンド

“ふだんは” 明るく平和主義。

高嶺の花タイプでもミステリアスタイプでもなく、
庶民派で商店街の看板娘のような人なのですが、
突然、周りを寄せつけないような人に変わってしまうことがあるのです。

それはビルバンドさんのなかに潜む冷たさが顔を出したとき。
あまりの豹変ぶりに、いつものジョークかと勘違いすると、
ナイフのような鋭さで躊躇なくスパッと切られますから、そっとしておきましょう。
いつもは失礼があっても笑って許してくれるのに、
ビルバンドキャラ降臨時のあなたの辞書には「和解」という言葉はありません。

ふだんも、基本的には「去るものを追わない」主義
興味がなくなればリセットも早く、別れ話がもつれる前にLINEをブロックしてしまうタイプ。
弁は立つけれど、自分の思いをわかりやすく説明することができなかったりするのが意外な弱点です。

 

オデットタイプのあなたは……

『白鳥の湖』のヒロイン、オデットは、恋人を全力で守り抜く愛の人。決して裏切りません。

そんなあなたの裏キャラは、
『シンデレラ』の継母 です。

「意地悪なお継母さん」の代名詞ともいえる継母
自分の娘たちは甘やかして、
シンデレラには一滴の愛も与えません。

愛の深いオデットさんと両極端な継母さんの共通点は、
どちらも大事な人は可愛がるし守るし好きだけど、
大事じゃない人は私の敵
という妙な線引きをするところです。

継母さんのこまめなフォローと愛情を受けたかったら傷つけないことです。
ちょっとした冗談に勝手にショックを受けて威嚇してくる場合もある、冗談が通じにくいタイプ。
でも、ひいきしている相手には本当に優しく温かい面を見せますから、
余計なことは言わない作戦をおススメします。

家族大好き、グループ大好き、記念日大好き
「私たちって最高・最強のメンバーよね!」と思っています。
子どものいる人は、期待をかけすぎて教育ママやモンスターペアレントに変身しないようにくれぐれもご注意を。
いちばん怖いのはひとりぼっち。孤独や単独行動は苦手です。

 

カルメンタイプのあなたは……

『カルメン』のヒロイン、カルメンは、自信とプライドに満ちた、生まれながらのスター。

そんなあなたの裏キャラは、
『ドン・キホーテ』のガマーシュ です。

お金持ちの貴族で、ちょっと個性的な男性、ガマーシュ
キトリの父ロレンツォは、娘を彼と結婚させたがります。
コミカルでお茶目なキャラクター。

性格的には裏も表もあまりなくて、とにかく
呼ばれていなくても「はーい!ここにいまーす!」と、
手を挙げながら真ん中へ駆け出してくるタイプです。

一見おとなしめの人もリーダー意識は常にメラメラ。
幹事やマネージャーを買って出て、縁の下の力持ちは私!という無言のアピールで攻めてきます。

ねずみの王様さん(スワニルダさん)はみんなの応援を受けてリーダーに推薦されるタイプですが、
ガマーシュさんは最初に立候補するタイプ。

「みんな!今日は僕のために集まってくれてありがとう!」と堂々宣言したりして失笑を買うことも。
「私は」で始まる言葉が多いのも特徴です。

ちなみに失言が多いのは、本心を隠せないからという正直者ゆえのミス。
自撮り大好きなのは自分がいちばん中央で可愛く写るから。加工もお得意。
でも、周りに放っておかれるとこどものように拗ねる姿は
小動物
のようで可愛いんですよ。

 

タチヤーナタイプのあなたは……

『オネーギン』のヒロイン、タチヤーナは、真面目で冷静、道を踏み外したりしない女性。

そんなあなたの裏キャラは、
『ジゼル』のミルタ です。

未婚のまま命を落とした女性たちの霊・ウィリの女王ミルタ
静かに、そして淡々と、男性諸君を死へと導きます……。

裏も表もきちんとしている人です。
寝る前に脱いだ服と明日着る服をきちんと畳んで枕元に置き、
シンクに洗い物がたまっていることもありません。
「そんなことないです。部屋中散らかってて……」
と真顔で言うミルタさんの部屋は、

いちばん片付いた状態のフリッツさん(クララさん)の部屋よりも断然きれいです。

本棚も整然としているので、
1巻の隣に22巻が上下逆に入っていても平気なマキューシオさん(ジュリエットさん)に向かって、「片付けたら?」と言って煙たがられることも。

威張るつもりはないけれど
「○○するのは当たり前」という思考の持ち主なので、
無意識に批判的な物言いをしがちなのは要注意。ちょっと先生っぽいんです。

でも意外と多趣味で、手芸や資格取得など笑顔でコツコツ取り組みますし、
お笑いなんかも好きです。
さりげなくギャグを言ってはみるものの、スベりがちなところがまた、
ミルタさんらしいところです。

 

メドーラタイプのあなたは……

『海賊』のヒロイン、メドーラは、美しくてスマートな気配りもできる、みんなの憧れの人。

そんなあなたの裏キャラは、
『ロミオとジュリエット』のパリス です。

ジュリエットの婚約者パリスは、
貴族らしい上品さと現実的な考えをもった好青年。

まず、パリスさんはモテます
おしゃれで、マナーも良くて、清潔で、適度なダイエットやヘアメイクも好きで、物腰にも品があるのです。

自慢の恋人だと言われますが、自慢の妻、自慢の夫の座には恵まれにくいです。

人あたりはソフトですが、基本的に受け身で優柔不断。
だから告白されると断れないし、異性とも広く浅くスマートに付き合うため、
本命の恋人が現れない人が意外と多いのです。
また「親友の作りかた」がわからず、本気で悩むパリスさんも。
モテるのに、常に孤独と闘っていたりします。

飽きっぽくて、あとひと息の粘り強さを備えていないのもパリスさんの特徴。

ビルバンドさん(キトリさん)は基本的に凝り性なので一度は手を付けますが、
パリスさんは何もやらないうちから挫折するタイプ。
スポーツジムやエステに入会したのに、一度も行っていない。なんていう人が結構います。

 

ニキヤタイプのあなたは……

『ラ・バヤデール』のヒロイン、ニキヤは、心の中で静かに情熱を燃やす神秘的な女性。

そんなあなたの裏キャラは、
『ロミオとジュリエット』のティボルト です。

ティボルトは、仲間思いでクールな二枚目。
少々つかみどころがない。
感情的になるとブレーキがきかない青年。

ティボルトさんは暗い色を背負っている場合が多いのですが、
ミステリアスな雰囲気がカッコいい、と異性から意外にモテます
とくにティボルト男子の傍には熱狂的なファンがつきもの

口数が少ないイメージですが、話しかけると意外に気さくな人。
おしゃべりで、話し始めると止まらないのも特徴です。

素敵な語り口も魅力的で、つい自分の人生相談などしたくなりますが、
こちらがどんなに腹を割ったとしても、
ティボルトさんは自分をさらけ出すことがありません
最後まで謎の部分を残したまま。

また「●●っていいよね」と言った後で「やっぱり××が最高だよね」と
意外と意見を変えたりするタイプなのですが、一見そんなふうには見えないので、
付き合う人はとことん翻弄されます。

ちなみに恋人への嫉妬深さは第1位なのに、別れで受けた傷の回復は意外と早いです。

 

ジュリエットタイプのあなたは……

『ロミオとジュリエット』のヒロイン、ジュリエットは、楽天的で勇気ある、まっすぐな女の子。

そんなあなたの裏キャラは、
『ロミオとジュリエット』のマキューシオ です。

ロミオの友人。冗談好きで陽気。
繊細な部分は心の奥に隠して、
ひょうきんにふるまうマキューシオ

このタイプは、おしゃべりが大好きです。
思いついたことは頭で練る前にすべて口にするので、マキューシオさんと一緒にDVDを観ているときはネタバレ注意ですし、スリーサイズや片思いの相手を教えるのも控えましょう。

チャレンジ精神は旺盛ですがマイペース。集団行動が苦手な人も多いです。
なにごとも見切り発車
たまに気の利いた素晴らしいことを言いますが、唐突すぎてまわりはリアクションが取れません。

自分が元気ならみんなも元気だろう、と単純に考えているため、
無神経なひと言にも要注意。
人の意見を聞いているようで聞いていないこともあります。

悪気のない気さくな人なので傍に必ず誰かがいますが、
弱音を吐ける相手はいない、という寂しさも。

 

シンデレラタイプのあなたは……

『シンデレラ』のヒロイン、シンデレラは、控えめでも行動力があり、強い心の持ち主。

そんなあなたの裏キャラは、
『ロミオとジュリエット』の乳母 です。

ジュリエットのそばにいつも寄り添い、
彼女のために恋の橋渡しまでしてしまう乳母
でもロミオが追放されたと聞くと、その考えを一転させます。

乳母さんは基本的に自己主張をしません。
人生においてもサブキャラに徹することで、
世間の荒波やあらゆる対人トラブルから逃げて過ごしたいと考える人が多いです。

乳母さんにとって大事なのは、自分の勝利よりも物事が穏便に流れていくこと。
平凡でいることがいちばん

心が休まらないのは耐えられないので、あらゆる対立を避けようとします。
ディベートの授業とか、バトルゲームは嫌い。
運動会は見学したかった人も多いのでは?

友人や恋人との関係でも同じで、ケンカに発展するくらいなら自分の気持ちにはふたをします。

目立つとあれこれ面倒なので、おしゃれに興味がない人も多いです。

 

シルフィードタイプのあなたは……

『ラ・シルフィード』のヒロイン、シルフィードは、自由に漂う、つかみどころのない空気の精。

そんなあなたの裏キャラは、
『ラ・バヤデール』のガムザッティ です。

王家の一人娘で、
生まれながらにしての気品をもった女性、ガムザッティ
ニキヤの恋人、ソロルを彼女から奪います。

基本的にガムザッティさんは自分が大事にされる世界を選び、そのなかで真っ直ぐ、すくすく育っています。
素直といえば素直ですが、他人の気持ちを推しはかるのは苦手です。

自分の美的センスが絶対で、平凡なものはつまらないと軽視する傾向にあります。ダサい人は問題外

相手をよく吟味してから仲良くなるか考える、というところもあります。ガムザッティさんのお眼鏡にかなわなければ、笑顔すら向けてもらえないことも。
ストイックな性格なので、泥臭い熱血タイプや陰気で地味なタイプのことは理解できません。

でも、自分が気に入ったものは衝動的にさらりと奪いに行くところもあります。
人の熱意には冷たく、自分の熱意が受け止められないと烈火のごとく怒るのも特徴です。

 

ジゼルタイプのあなたは……

『ジゼル』のヒロイン、ジゼルは、想像力ゆたかな、素朴で心優しい娘。

そんなあなたの裏キャラは、
『ラ・バヤデール』のソロル です。

舞姫ニキヤを愛しながらも、上司であるラジャには逆らえず、
ラジャの娘ガムザッティを選んでしまうソロル
深い後悔はついにその精神を蝕(むしば)みます。

ソロルさんはとにかく、恋愛についての悩みが絶えません。

恋人が変わると、趣味やヘアメイク、話し方まで変わる人が多いため、
いまどんなタイプと付き合っているのか、黙っていてもみんなにはバレバレです。

もともと、新しいクラスや部署、引っ越し先の土地柄などに馴染むスピードはナンバーワン。
つまり環境によって自分を変えることが得意なのです。

居心地のいいポイントを探して、そこにすっぽりと収まると安心するようですが、
これは善人にも悪人にも染まれるということ。

逆に染まりきることができず、ストレスになっているのに気づかない人が多いのも心配なところです。
無意識に自己犠牲を払いがちなので、それに酔いしれないように注意して。

◆ ◇ ◆

裏バレエキャラ占い、いかがでしたか?!

これからも時々このような“占い特別編”をやっていきたいと思いますので、毎週月曜日更新の〈バレエ占い〉とともに、これからもどうぞよろしくお願いします!

この記事を書いた人 このライターの記事一覧

タロットカード、オラクルカードを中心に占いをしています。

もっとみる

類似記事

NEWS

NEWS

最新記事一覧へ