バレエを楽しむ バレエとつながる

  • 観る

【6/3開幕!】新国立劇場バレエ団「不思議の国のアリス」キャストコメント&リハーサル写真レポート

阿部さや子 Sayako ABE

新国立劇場バレエ団『不思議の国のアリス』リハーサル風景より。赤ん坊は泣き喚き、料理女は怒り狂う……理由はよくわからないけどとにかくパニックしている恐怖の台所のシーン! ©︎Hidemi Seto

新国立劇場バレエ団『不思議の国のアリス』が2022年6月3日(金)より開幕!
同作はルイス・キャロルの児童文学を題材にして、英国人振付家クリストファー・ウィールドンが英国ロイヤル・バレエに振付けた大ヒットバレエ(初演:2011年)。
新国立劇場バレエ団では2018年に初演され、連日大賑わいの大人気レパートリーとなりました。

“新時代のバレエ”という言葉がふさわしいウィールドンの振付、音楽は映画やテレビ番組等の音楽も手がけるジョビー・タルボット、美術は数々の作品でトニー賞等を受賞しているボブ・クロウリー。驚きの仕掛けが次々と展開し、アリス、ジャック、白ウサギ、ハートの女王、マッドハッター、イモ虫、公爵夫人、料理女……とユニークなキャラクターが続々出てくる舞台はまさにワンダーランド!

〈庭師ジャック/ハートのジャック〉役はトリプルキャスト。初日を踊るのは渡邊峻郁。ハードな振付に息をきらしながらも「この役が楽しくてたまらない」という気持ちが全身から伝わってくる活き活きした演技   ©️Hidemi Seto

同じく庭師ジャック/ハートのジャックを演じる井澤駿は、一つひとつのポーズに柔らかなムードが漂いエレガント。振付指導者から「僕はシュンのテイストがとても好きだな」との言葉が  ©︎Hidemi Seto

難しいはずのステップを軽々と重ねていく福岡雄大(庭師ジャック/ハートのジャック)。「ジュテはあと少しだけ遠くへ」といった振付指導者の細かなリクエストに即反応しながら、踊りの質感をどんどん変化させていく  ©︎Hidemi Seto

今回は、同作のなかでも強烈なインパクトを放つ〈ハートの女王〉役と、喝采必至のショーストッパー〈マッドハッター〉役のみなさんにコメントインタビュー。
リハーサル中のダンサーたちの表情とともにお届けします。

🐇

〈ハートの女王〉コメントインタビュー

【Questions】
①この役をリハーサルしていて「すごく楽しいこと」「すごく難しいこと」は?
「『ハートの女王』のここが好き」「この役を演じる上で、ここを絶対に大切にしたい」を聞かせてください!

益田裕子 Yuko MASUDA
6/3 19:00、6/5 14:00、6/10 13:30、6/12 14:00

益田裕子(ハートの女王)、中家正博(首切り役人) ©︎Hidemi Seto

①ハートの女王は感情の起伏が激しく、ご機嫌かと思ったら急に怒って……お芝居のほうにかなりエネルギーを使います。普段は感情をあんなにも爆発させることはほとんどないので、そこが難しいところであり、楽しいところでもあります。普段もあんな感じだったら毎日疲れるだろうなぁ、と思います(笑)。
第3幕は女王の幕と言っていいほど出番が凝縮されていて、お芝居の面でも踊りの面でもかなりタフな幕です。いかにみんなを掻き回すか、威厳と存在感と……いかに狂った人かという感じを出すことを、いま研究中です!

かつらやお衣裳、乗り物などがとっても素敵なので、それらに見合う存在感でありたいな、と思っています。
また彼女は本当に狂っていると思いますが(笑)、表向きは「品のいい奥様に見られたい」という願望があるので、どんなに変な顔や格好をしても品やプライドの高さなどは見えるようにしたいと思います。

木村優里 Yuri KIMURA
6/4 18:30、6/9 13:30、6/11 18:30

木村優里(ハートの女王)、中家正博(首切り役人) ©︎Hidemi Seto

①この役を自分が演じるとは想像していませんでした。今回女王役はビデオオーディションがあり、踊りを見てウィールドンさんが選んでくださったと聞きました。
振付指導で来日されているエリザベス(・トゥーウィ)さんに女王のキャラクターをご指導いただいています。感情の起伏、まるで多重人格のようにいろいろな感情表現の引き出しがなければなりません。時にヒステリックに、時にセクシーに、時にファンキーに……情緒が安定しないこのキャラクターを魅力的に演じるのは難しいですが、とても楽しいです。表現の幅を広げることができ、やりがいを感じています。

②ハートの女王で好きなシーンはタルト・アダージオです。男性を従わせて踊るなかでたくさんのハプニングがあるのですが、実際にその場で起こっているような臨場感を大切にしてリハーサルしています。周りのキャラクターとの掛け合いを楽しみながら演じたいです。

本島美和 Miwa MOTOJIMA
6/4 13:00、6/8 13:30、6/11 13:00

本島美和(ハートの女王) ©︎Hidemi Seto

①たくさんの個性的なキャラクターが次々に出てきますが、プロローグの世界からアリスの夢に入ると、それがぐるっと反転します。それがこの作品の面白さのひとつだと思っています。まったくまとまりのないようなキャラクターたちがそれぞれその役を生きていて、でも作品の中では不思議な一体感があります。そのさまは踊っていても、観ていても、本当に楽しめることだと思います。ただ簡単にできるところはどこもなく、難しいことだらけですが、踊れば踊るほど、もっとここをこうしたい!と思える作品です。

②実際にここまで気性の激しい女性が近くにいたら、周りの人たちはつらいと思うのですが、それをわざと誇張しつつ、また普遍的なところを持っているからこそ笑いを誘うというようなキャラクターです。そして新しさのなかに、古典バレエへの敬意も感じます。愛され、また楽しんでいただけるよう演じていきたいと思います。ちなみに、前回の上演時に観に来た旦那さんには、家にいる私自身と何も変わらないと言われてしまいましたが……。

❤️

〈マッドハッター〉コメントインタビュー

【Questions】
①マッドハッターは何といってもタップダンスが見せ場! タップ習得のためのスペシャルトレーニングや、苦労したエピソード自分なりに見つけたコツなどはありますか?
「僕のマッドハッターはここがこだわり」「僕のマッドハッターのここに注目してほしい」を聞かせください!

福田圭吾 Keigo FUKUDA
6/9 13:30、6/11 13:00

福田圭吾(マッドハッター) ©︎Hidemi Seto

①タップに関してはひたすら反復練習しています。昨年の9月からタップの稽古を始めましたが、バレエとの身体の使い方の違いに、想像以上に悩まされています……。
タップは足先の力を抜いておかないと音が鳴りません。僕はどちらかというと瞬発的に踊ってしまうダンサーなので、音楽に身体が反応した瞬間、無意識に足先に力が入ってしまいます。ということで幼少の頃からずっとやってきたクラシック・バレエとは、少しの間だけさよならしたいと思います(笑)

②この『アリス』の醍醐味のひとつは、各キャラクターからコール・ド・バレエ、エキストラまで、すべての登場人物が自由に芝居できることです。もちろん本筋に沿うのは当然ですが。そこにちゃんとした理由が在りさえすれば、「いろいろと演じてみてくれ!」と伝えられています。自由に演じることで新しい自分に出会うのはすごく嬉しいです。そしてマッドハッター役の、ジキルとハイドのような多面性(不気味さ、カッコよさ、可愛らしさ)は、『アリス』の世界観をグッと深めてくれる存在だと思います。
残された時間、体当たりで挑戦し続け、本番では福田圭吾ならではのマッドハッターをお見せしたいと思います。最後まであがきます!!

ジュテでひとつ床を蹴るだけで「カタカタカタッ!」と靴音が聞こえてくる不思議…… ©︎Hidemi Seto

中島駿野 Shunya NAKAJIMA
6/4 13:00、6/10 13:30

中島駿野(マッドハッター) ©︎Hidemi Seto

①苦労している点はたくさんあります! そのなかでいくつかピックアップするならば、(1)力を抜く(2)身体や帽子を使いながらのタップ、の2点です。

バレエを踊ったことのある方には(1)の難しさを共感してもらえるのではないかと思います。
バレエは「つま先を伸ばす」「膝を伸ばす」「床を押して軸を作って立つ」などなど、「足全体に力を入れて(力むわけではないのがポイント)強く居る」ことが大切だったりします。
しかしタップはまさに真逆で、とにかく脱力します。足先は常にぶらぶらの状態にしておきますし、膝も少しまげた状態のほうが動きやすかったりします。ティーパーティーの途中で出てくる〈グリッサード−ジュテ〉のなんてことない振付も、タップをしながらやると激ムズの技に早変わり一連の動きのなかで5回も音を鳴らしながら、跳んでいる時はつま先を伸ばさなくてはなりません。バレエとタップを同時にやりながらあれだけ魅せられる(スティーヴン・)マックレーさんやジャレッド(・マドゥン)さんは本当にすごいです!

(2)も激ムズポイントがたくさんあります。バレエでも難しいアンシェヌマンを出されると振りを追いかけるのに精一杯で手とか上体とかが中途半端になってしまうことがありますが、マッドハッターは常にその状態。ですが、本番までの期間が短いなかでなるべく完成度を高めるには、同時に練習していくのがベストなのだと感じました。タップだけ意識して練習、上体や表情だけを意識して練習、両方やりながら練習というサイクルを2週間毎日やらせてもらえたことが上達につながったのかなと思います。

②まだこだわりや注目ポイントを紹介できるほど振付が身体に馴染んでいませんが(編集部注:取材は5月中旬)、タップのステップと共に気を付けているのが表情です。タップの指導で来てもらっていたチャールズ(・アンダーソン)さんに「マッドハッターは“ジキルとハイド”みたいに感情や表情がコロコロ変わる。全部つながってなくてもいいから感情が切り替わる理由(ストーリー)を自分なりに考えてみて!」と何度も何度も指導いただきました。タップの音だけではなく、僕を含めマッドハッターたちの表情にも注目してもらえると面白いかもしれません。
本番まで少しでも良くなるよう励みます! 是非いらしてください!

🎩

公演情報

新国立劇場バレエ団『不思議の国のアリス』

新国立劇場バレエ団『不思議の国のアリス』リハーサル風景より。鮮やかなカエルジャンプ! ©︎Hidemi Seto

日時

2022年

6月3日(金)19:00

6月4日(土)13:00

6月4日(土)18:30

6月5日(日)14:00

6月8日(水)13:30

6月9日(木)13:30

6月10日(金)13:30

6月11日(土)13:00

6月11日(土)18:30

6月12日(日)14:00

★上演時間(予定) 約2時間50分〈休憩含む〉

会場 新国立劇場 オペラパレス
詳細 新国立劇場WEBサイト

 

この記事を書いた人 このライターの記事一覧

類似記事

NEWS

NEWS

最新記事一覧へ