バレエを楽しむ バレエとつながる

  • 観る
  • 知る

【動画レポート】創立70周年!谷桃子バレエ団②「リゼット」リハーサル&主役ダンサーたちによる作品紹介!

阿部さや子 Sayako ABE

Videographer: Kenji Hirano

1949年創立の谷桃子バレエ団は、日本のバレエの創成期から続く歴史あるカンパニーです。

〈バレエチャンネル〉では、2020年1月18・19日に開催される創立70周年記念新春公演を目前に控えて行われていたリハーサルを取材・撮影しました。

70周年という長い歴史を記念する今回の公演は、豪華2本立て
新作「70周年記念作品『Fiorito』」と、1962年に同バレエ団が日本で初めて全幕上演した記念碑的演目『リゼット』全幕が同時上演されます。

こちらの動画では『リゼット』のリハーサル風景をお届けします。
これは1962年、原題『ラ・フィユ・マル・ガルデ』をスラミフ・メッセレルが谷桃子のために再振付し、同バレエ団が日本で初めて全幕上演した記念碑的演目
まさにバレエ団の伝統を象徴する名作を、これからを担うフレッシュなダンサーたちが文字通り目を輝かせて生き生きと踊っていました。

今回はダブルキャストで主役を務める4名のダンサーたちに、作品において大事なことや魅力などについてコメントを寄せてもらいました
上記の動画とあわせて、ぜひじっくりお楽しみください。

Photos :Ballet Channel

🎀

リゼット&コーラの4人が紹介!「リゼット」&「谷桃子バレエ団」

リゼット役&コーラ役のみなさんへの3つのQ
Q1 「ここを大事に演じたい」と考えていることは?

Q2 とくに好きな場面/大切にしたい場面/(意外と)ものすごく難しい場面など

Q3 あなたの思う「これが谷桃子バレエ団らしさ!」とはズバリ何?!

●リゼット役(18日)竹内菜那子

竹内菜那子

A1 谷先生が大切にされた「リゼットの心」を受け継ぎ、伝統を吸収した上で、自分のカラーも出しつつ演じられたらと思います。

A2 3幕のウェディングのパ・ド・ドゥです。リゼットの中で恋人コーラに対する愛と、母マルセリーヌに対する愛が揺れ動き、切なくもあたたかい気持ちになれるシーンです。ひとつの作品の中でリゼット自身の成長が見られるシーンでもあり、細かい表情や仕草にこだわりを持って演じています

A3 アットホームな空気感! 仲の良さ! それがこの作品にぴったり合っていると思っています! 仲間たちと一緒に、この伝統ある作品にさらなる新時代の磨きをかけて、観てくださる人がほっこりするような素敵な時間をお届けしたいです!

 🎀

 ●コーラ役(18日)檜山和久

竹内菜那子、檜山和久

A1 ふだんは王子など綺麗でシュッとした男性を演じることが多いのですが、コーラは純朴でウブな少年の心を持った青年なので、演技の面で牧歌的なあたたかさを忘れずに稽古しています。芸術監督の髙部先生もいつもそのことをおっしゃっているので、いままで演じてきた役とはまた違う人物像でチャレンジではありますが、しっかりと演じられたらと思います。

A2 1幕のリゼットとのリボンを使った駆け引きが大好きです。牧歌的な演技が難しく、ゆったりとしたイメージなのですが、グダグダしたり、気怠い感じになってしまうのとはまた違うので、塩梅が難しいです。

A3 谷バレエ団は、ひと言でいうならアットホームです。人のあたたかさが出ているバレエ団だと思っています。

🎀

●リゼット役(19日)齊藤 耀

齊藤 耀

A1 明るく可愛らしいやんちゃ娘のリゼットが、全幕を通していつの間にか大人の女性になっていく過程を大事に演じたいと思っています。

A2 とくに好きな場面は、3幕のマルセリーヌがコーラとリゼットのことを認めてくれる場面です。いろんな形の愛に包まれていて、誰も不幸になりません。どの登場人物の気持ちになっても、愛を感じることができるので、さまざまな世代の方にいろんな角度で観ていただきたいです。
大切にしたい場面はたくさんありますが、ひとつ挙げるなら3幕のパ・ド・ドゥです。お母さんへの愛情よりも恋人への愛情を選んでいく姿は、少し切なくもありますが、幸せに満ちた場面となっています。みなさんに伝わるよう丁寧に表現していきたいと思っています。
難しい場面は1幕のリボンを使用するところです。一見可愛らしいのですが、衣裳にリボンが絡まないようにしたり、パ・ド・ドゥ中のリボンの距離感を日々リハーサルで試行錯誤しています。

A3 大家族のようなところでしょうか。70年の歴史を持つバレエ団なので、諸先輩方から多くのアドバイスをいただけます。また最近では後輩も増えてきました。困った時はみんなで助け合うところが谷バレエ団らしさだと思っています。

齊藤 耀

🎀

●コーラ役(19日) 牧村直紀

牧村直紀

A1 コーラという純粋で無邪気な15歳の少年になりきることです。リゼットへの愛情表現が大人っぽくなってしまったり、変に落ち着いてしまわないよう、自分の殻を破ることに思いのほか苦労しました。

A2 3幕の最後、お母さんが2人の愛を認めてくれる場面がとくに好きです。コーラのような一途で諦めない気持ちの大切さにあらためて気付かされますね。
2人を繋ぐリボンの踊り、リボンさばきはとても難しかったですね。

A3 仲間同士の絆が深いところですかね。バレエダンサーをしているとつらいこともたくさんありますが、仲間たちに救われます。

公演情報

谷桃子バレエ団 70周年記念新春公演
70周年記念作品『Fiorito』&『リゼット』全幕

日時

2020年1月18日(土)・19日(日)
1月18日 17:00開演予定
119 14:00開演予定

会場 東京文化会館 大ホール(東京・上野)
公演の詳細 https://www.tanimomoko-ballet.or.jp/images/ticket/20200118.pdf

この記事を書いた人 このライターの記事一覧

類似記事

NEWS

NEWS

最新記事一覧へ