バレエを楽しむ バレエとつながる

  • 観る

【レポート】ミュージカル「ビリー・エリオット」〜4人のビリーが競演! プレスコール取材レポ~

若松圭子 Keiko WAKAMATSU

2017年の本初演では東京と大阪で計4ヵ月のロングラン公演を行うなど大成功を収めたミュージカル『ビリー・エリオット〜リトルダンサー〜』が、2020年9月16日より待望の再演! コロナの影響で開演が2カ月遅れてしまったものの、9月11日から4日間のオープニング公演も無事終了。本公演スタートを直前に控えた14日、TBS赤坂ACTシアターにて行われたメディア向けプレスコールのもようをお届けします。

Photos:Ballet Channel

プレスコール

今回は5つのシーンのミュージカルナンバーの抜粋を公開。
応募総数1511名のオーディションで選ばれた4人のビリーが登場。他のキャストもナンバー毎に入れ替わりながらお披露目されました。

?‍♂️ ?‍♂️ ?‍♂️

♪①「The Stars Look Down(星たちが見ている)」

ビリー:中村海琉(なかむら・かいる)
お父さん(ビリーの父):橋本さとし(はしもと・さとし)

幕開けの場面。星に向かって「いつか飛べる」と唄うビリーのソロで始まり、舞台後方から現れるビリーの父を中心とした炭鉱夫たちの力強いコーラスが重なっていく。

中村海琉のビリーは伸びやかな歌声が魅力的。澄んだ高音が優しく客席を包む。

ストライキを誓う炭鉱夫たち。橋本さとし(右から2番目)は、頑固で不器用な「おやじ」が良く似合う。

?‍♂️ ?‍♂️ ?‍♂️

♪②「Shine(輝け、今!)」

ビリー:中村海琉(なかむら・かいる)
ウィルキンソン先生:安蘭けい(あらん・けい)

父から「男らしくあれ」と嫌々ボクシングに通わされているビリー。ある日、居残りを命じられたビリーは、女の子だけのバレエ・クラスに巻き込まれてしまう。バレエ教師のウィルキンソン先生と、少女たちのショウタイム。

安蘭けいの演じるウィルキンソン先生は、パワフルで圧倒的な存在感。

ビリーに「何か」を感じたウィルキンソン先生。ビリーもまたバレエに興味を持ち、父親の目を盗んでバレエのレッスンに通い始める。

?‍♂️ ?‍♂️ ?‍♂️

♪③「Expressing Yourself(自分を表現しよう)」

ビリー:利田太一(としだ・たいち)
マイケル:佐野航太郎(さの・こうたろう)

父親にバレエ禁止を言い渡されたビリーが親友マイケルの家を訪ねると、母親のドレスを着て楽しそうなマイケルの姿が。「好きなことをして何が悪いの?何にでもなっちゃえ!」と歌うコミカルなナンバーは、演技をまじえた歌、小道具を使っての踊りやタップダンスと盛りだくさんの内容。

佐野航太郎(右)は天真爛漫かつマイケルの芯の強さを感じさせる演技。

ビリーという大役をナチュラルに演じきる利田太一。すらりとした手足で伸び伸びとダンス!

?‍♂️ ?‍♂️ ?‍♂️

♪④「Angry Dance(怒りのダンス)」

ビリー:川口調(かわぐち・しらべ)

バレエ学校のオーディションに行くチャンスを父(益岡徹(ますおか・とおる))に奪われたビリーが踊るソロ。怒りという言葉だけでは表せないビリーの鬱屈した思いが一気に噴き出す。

川口調のビリーは、相手役の言葉や表情を的確に捉え、しっかり受け止める演技が魅力的。

声にならない声を上げ、苛立ちをタップダンスに込めるビリーの心情に胸が痛くなる。

?‍♂️ ?‍♂️ ?‍♂️

♪⑤「Solidarity」(団結を永遠に)

ビリー:渡部出日寿(わたなべ・でにす)
ウィルキンソン先生:柚希礼音(ゆずき・れおん)

ストライキの炭鉱夫と警官の闘いと、着々とバレエの実力を高めていくビリーのダンスがひとつに交わって表現されていく。

柚希礼音演じるウィルキンソン先生がビリーに注ぐ視線には、亡くなったビリーの母を思わせる温かさが。 渡部出日寿のビリーからはバレエが好きという思いと、ひたむきに向き合う心が伝わってくる。

 

4人のビリーからひとこと

オリジナル演出のスティーヴン・ダルドリー曰く、ビリーとは「マラソンを走りながらハムレットを演じるような」役。今回その大役を任された4人が、公演についての思いや意気込みについて語りました。

?川口調 選ばれたときはびっくりしましたが、段々と「僕は選ばれし者なんだ」って思えるようになって、自分に自信が持てました。得意なことは演技なので、ビリーが今どんな気持ちなのか、どうして欲しいと思っているのかが伝わるような演技がしたいです。

?利田太一 初演のオーディションで落ちてしまったので、今回ビリー役に決まったときは嬉しくて、ホッとしました。日数は少なくなってしまったけれど、少しでも公演ができることが嬉しいです。僕たちが舞台の上で楽しくやっていることが、お客さんにも伝わればいいなと思います。

?中村海琉 初演を観て、あのように舞台の上でビリー役になれたら楽しいだろうなって思っていたので、今はとても嬉しいです。結果発表の日はとても緊張して、電車で移動するあいだも、ずっと心臓の音が鳴っていたのが忘れられません。タップダンスが得意なので、タップで感情を表現するところを見てもらいたいです。

?渡部出日寿 リモートの演技レッスンのときは部屋でやっていたので、お稽古場に戻ったときはとても広く感じました。僕はバレエをずっとやっていますが、ジャズダンスやタップダンスは初めてだったので頑張りました。ビリーの心の移り変わりをしっかり表現できるように演じたいです。

?‍♂️ ?‍♂️ ?‍♂️

左から橋本さとし、川口調、益岡徹、利田太一。2人のお父さんと並ぶと、まるで本当の親子のよう!

左から中村海琉、渡部出日寿、柚希礼音、安蘭けい。 先生のトークを振り返って聞くビリー2人が微笑ましかった。

公演情報

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』

◆東京公演
2020年9月16日(水)~10月17日(土)
TBS赤坂ACTシアター

◆大阪公演
2020年10月30日(金)~11月14日(土)
梅田芸術劇場 メインホール

主催:TBS ホリプロ 梅田芸術劇場 WOWOW

※公演の詳細は公式サイトを参照

この記事を書いた人 このライターの記事一覧

NEWS

NEWS

最新記事一覧へ